即効性があり副作用が少ない成分の塩酸バルデナフィルをご紹介します。

塩酸バルデナフィルの処方には来院が必須

塩酸バルデナフィルは、ED治療薬である「レビトラ」に使用されている成分です。どんな食べ物や飲み物にも影響を受けない、というED治療薬もありますが塩酸バルデナフィルを処方してもらう場合には服用の際にいくつかの注意点があるので、来院して医師の注意をしっかり聞いてから利用しましょう。

塩酸バルデナフィルは、勃起する力を抑えてしまう体内の成分をさらに押さえ込むことで、勃起に必要な血流を良くし、本来の勃起する力を最大限に引き出してくれる働きをします。副作用としては、「頭痛」、「鼻づまり」、「ほてり」、「めまい」などが表れる場合があります。しかしこれらの症状は、薬の効果が薄まると同時に解消してゆくことがほとんどです。

来院した際には医師からの注意があるかと思いますが、服用の際の大きな注意点としては、グレープフルーツやグレープフルーツジュース、アルコールを飲んだ後に服用しないこと、それと、心臓病の治療に使われる「ニトログリセリン」などの硝酸塩系薬剤とは同時に服用してはならないということです。

まずアルコールやグレープフルーツ類と同時に服用してしまうと、薬品の血中濃度が高くなり過ぎ、効果が必要以上に強く出てしまう場合があります。血中濃度が高くなり過ぎれば、それだけ副作用も強く出ることもあります。「頭痛が酷くて、とても行為に及べない」という状態は避けたいですよね。

次に、「ニトログリセリン」などの硝酸塩系薬剤と同時に服用した場合は、血圧に影響が出ることがあります。この場合、急激に血圧が下がることがあり、最悪の場合ショック状態で死に至る、という例も報告されています。硝酸塩系薬剤との同時服用は、絶対に避けましょう。